Lara in Paris: モデル、勉強、初撮影 – シャンゼリゼ通りからエッフェル塔まで

Lara – ベルリンの若い新人モデルが待機しています。Laraは、パリロンドンニューヨークのモデルの世界を征服し、国際的に活躍することを待ち望んでいます。しかし、18歳になった彼女は、Aレベルを修了するためにもう1年待っています。学校が休みの週には、パリに行ってテスト撮影をしたり、シャンゼリゼ通りで初めてモデルの仕事をしたりしました。パリでの経験と、国際的なモデルになるための計画について、Laraさんのコメントをご覧ください。

インタビューモデルとなったパリの発見

質問:モデルの仕事で初めてパリに行ったそうですが、この経験はいかがでしたか?

Lara: パリでの経験は、何とも言えないものでした。温かく迎え入れていただき、多くの撮影を行い、多くのことを学ぶことができましたし、素晴らしい人々にも出会うことができました。私はもう一人の女の子と同じアパートに住んでいて、とても仲が良かった。今でも連絡を取り合っており、彼女に出会えて本当に良かったと思っています。

パリでのモデリング

質問:あなたにとって、パリでモデルをすることの最もエキサイティングなことは何ですか?

Lara:毎晩、次の日の撮影に関する重要な情報が記載されたスケジュールがメールで送られてきました。私は、スタイルが全く異なる様々な写真家と知り合えたことをとても嬉しく思っており、その個性と可能性の広がりに魅了されました。毎回、これからの撮影を楽しみにしていました。

質問:モデルになるためにパリに戻って、もっと長く住みたいと思いますか?

Lara:私はフランス語とフランスが大好きです。高校を卒業したら、あそこに住むのが夢だったんですよ。パリ滞在中、1日でも撮影がなければ、早起きして遅くまで街中を歩き回っていましたが、飽きることはありませんでした。そうですね。1年後にはそこに住んでいて、その後もモデルを続けることができると思います。

Question: モデルとしてのキャリアの目標やアイデアを教えてください。

Lara: 私はいつも人生のステップバイステップを考えています。学校に通っている限り(あと1年)、モデル活動に全力を注ぐことはできません。とはいえ、副業として続けていくのもかっこいいかなと思っています。高校を卒業したら、数ヶ月間、世界のさまざまな場所を見て回りながら、モデル業に専念し、売れっ子モデルになるための努力をするのが夢です。例えば、ミラノに行って、そこでたくさんのキャスティングをする。勉強を始めたら(できればパリで)、今の学生時代と同じように、副業としてモデルを続け、学期の休みを有効に使いたいと思っています。

パリの写真:ファーストシューティング