モデルエージェンシーへの応募 – 申請と準備

モデル・エージェンシーへの正しい手紙の書き方を教えてください。モデルエージェンシーのカバーレターは、多くの人が過去の経験やプロの写真撮影が必要だと思っていますが、非常に短いものです。実際には、2枚の写真といくつかの詳細情報だけで、それほど多くのものは必要ありません。では、モデルエージェンシーのカバーレターはどのようなものかを見てみましょう。

事実:モデルエージェンシーには時間がない

最も重要なルールは、カバーレターを非常に短くすることです。というのも、有名な優良モデル事務所では、1日に50~100通の応募が来ることもあるからです。もし、代理店にスカウトマンが1人しかいなければ、実際の代理店業務以外に、1つの応募に対して数秒しか時間がありません。だからこそ、長いカバーレターではなく、写真でポイントを稼がなければならないのです。

モデルエージェンシーへの手紙連絡先と寸法

メールまたはカバーレターには、以下の情報を記載してください。

  • 氏名・フリガナ
  • 年齢
  • レジデンス
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 高さ
  • 菓子

これらの基本的な情報は、モデルエージェンシーのカバーレターに記載されます。

参考資料とソーシャルメディアアカウント

さらに、いくつかの情報を追加することができます。E.g.

  • InstagramチャンネルURL
  • フォロワー数が5,000人以上の場合はYouTubeチャンネルのURL
  • 経験、すでに仕事を持っていたり、リファレンスやクライアントを持っている場合は
  • CM用のYouTubeやVimeoへの参考リンク

モデルエージェンシーのカバーレターには、これ以上の情報は絶対に必要ありません。さて、いよいよ重要なステップである写真の撮影です。そう、単数形の、写真。高価な写真撮影は必要ありません。プロのカメラマンでなくても、あなたと友人、または昼間に自分の写真を上手に撮れるママやパパがいればいいのです。以上です。

カバーレター用の応募写真

以上のように、モデルスカウトは新顔を探すときに時間がない。優秀なモデル事務所には、1日平均50~100件の応募があります。つまり、モデルスカウトは、1回の応募と、応募書類の個別審査に数秒しかかけられないのです。というのも、彼の仕事は新人のスカウト以外にも、新規契約書の作成、最初の撮影の企画、チームへのモデルの紹介なども含まれているからです。だから、大事なのはあなたの写真です。写真は原則として最大4枚までとしますが、1~2枚あれば十分です。

  • ポートレート写真
  • 全身写真

あなたの身長、服装、年齢と合わせて、スカウトマンはあなたにとって重要な情報をすべて持っています。決断には数秒しかかかりません。どうすれば完璧すぎる写真が撮れるのか?

就職活動の写真撮影に最適な環境

応募写真の撮影には、自然光を利用することをお勧めします。ランプから出る光は、自然な暖かさがなく、もちろん光源が直接部屋の中にあるので、それが影になっているのもわかります。したがって、最初のステップでは、必ず昼間に撮影するようにしてください。メイクアップは絶対に避けるべきですし、自分の肌や髪、顔の特徴、プロポーションを邪魔するようなスタイリングはやりすぎです。そのため、メイクやスタイリングは完全に避けるべきです。服装も気を散らさないように、黒のズボンと、女性なら黒のトップス、男性なら黒のシャツを着用してください。靴は同じように、シンプルで邪魔にならないものを選ぶといいでしょう。今一度、まとめてみましょう。

  • 昼間の写真
  • スマートフォンのカメラが良ければ十分
  • ノーメイクアップ
  • スタイリングなし
  • 黒のパンツ、黒のトップス、無地の靴

これらは、応募写真にとって最も重要な事実です。これで、ポートレートと全身の2つの完璧な写真が出来上がります。どちらの写真も笑わないように、絶対に感情を出さないように、カメラを見てください。先ほども言いましたが、ジェスチャーや顔の表情など、何一つとして人物を邪魔するものはありません。2枚の写真ができたら、もう1枚、笑っている写真と横からの写真を撮ると、プロフィールでも自分を見てもらえるようになります。これで4枚の写真ができあがり、モデルエージェンシーのカバーレターの土台ができあがります。

コカインモデルでのモデル応用

私たちのモデルエージェンシーに応募したいという方、ご応募お待ちしておりますここまでで、応募書類やモデルエージェンシーのカバーレターに必要なことはすべて学びました。すでに写真を撮ったことがある方は、こちらからモデルとして応募することができますよ。